「未分類」カテゴリーアーカイブ

セブ留学の注意点

海外留学といえば日本人が聞くととても面倒なイメージがありますね。島国である日本から海外へ行って勉強する、それはハードルが高く複雑な手続きが必要だと思いがちです。確かに、イギリスやアメリカ、オーストラリアなど欧米諸国では遠い国でもありますし少し手間がかかります。

しかしフィリピン・セブ留学においては日本人にとって手続きはいたって簡単です。特に30日以内の短期留学であればビザは免除ですので学費さえ払えば入学できます。もちろん30日を超える場合でも、現地で移民局にて延長手続きが可能ですので心配はなく、たいていの学校で代行してもらえます。他にもACR-I Card(外国人登録身分証明証)など必要になりますが、語学学校のサポートを受けることができますので、費用面だけ注意するようにしましょう。

セブ島での治安が心配な方もおられるでしょう。もちろんリゾート地だから絶対安全だという観念で行かれるとがっかりされることもあるかもしれませんが、普通の生活において知らない人についていかない、危険な場所に近づかないなど最低限の注意をしていれば特に問題はありません。それはセブ島に限らず世界中の観光都市でも同じことだと思います。海外にいる認識を持って生活し、セブ留学を最大限楽しむようにしましょう。

人気急上昇!セブ留学

いまや日本人が日本国内で仕事を探すにも英語力が必要とされる程グローバル化が進んでいますが、日本では英語が話せる人がまだまだ少ないのが現状です。キャリアアップを目指す方、将来日本を飛び出して海外で活躍したい方は多くても、不景気な昨今、そう簡単には留学できないと思われている方も多いのではないでしょうか。そんな方に「セブ留学」をご紹介したいと思います。

まずセブ島と聞いてリゾート地を思い浮かべる方が多いと思います。ではなぜセブ島で語学留学なのか?その理由を説明しますと、フィリピンの公用語はフィリピン語と英語ですが、実はフィリピンはアメリカ、インドに続いて英語を話す人口が世界で三番目に多い国。歴史的に日本も含め、様々な欧米諸国に植民地支配されてきた背景もあって多文化国家でもあり、現地語も合わせると100以上の言語が使われている為、学校教育は英語でされています。テレビはもちろん、ラジオや新聞も英語が使われていて、現地のほとんどの人が英語を話すことができます。

アジアから近く、綺麗な英語を学べるとあって、セブ留学はもともと韓国人に英語の語学留学として人気があり、韓国資本の語学学校が多く建てられ、その後日本人にも人気が出てきました。その為韓国と日本からの留学生がほとんどですが、気軽に行ける距離と費用は大変魅力があり、学生だけではなくシニア世代にも、リゾート地で楽しみながら語学留学できるとして人気が急上昇しています。